運営者
中国茶インストラクター協会
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-18-6
秀峰ビル4F

当サイトはリンクフリーです。
リンクバナーは、↓をお使い下さい。




  • vagalunaさんのエントリ配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM


ヘッダーナビゲーション

2011/07/04 9:55 pm

自主勉強会に参加してきました!

7月3日午後、第一回自主勉強会が神宮前穏田区民会館で行われ、10人が集まりました。

テーマは「高山烏龍茶」ということで台湾のお茶が勢揃いし、比較テイスティングでなんと計12種類!

初めにお茶の産地等の説明がありましたが、「勉強会」のようなお固い感じではなく、飲んだり、コメントを言い合ったり、質問したり、わかる人が話してくれたり、用意された参考書や地図で場所を確認してみたり・・・テイスティングシートにしっかりコメントを書く人、ただ楽しく飲んでいるだけの人・・・と、とても自由で肩の凝らない楽しい勉強会となりました。

用意されたお茶葉4カテゴリーにわかれていました。
1. 主要産地の飲み比べ(凍頂、阿里山、杉林渓、梨山)
2. 発酵度の違いの比較…伝統凍頂1、伝統凍頂2(有機)、伝統烏龍3(ウンカ)
3. 金萱茶(価格の違い)
4. 梨山(焙煎梨山、福寿山、大禹嶺)

高山茶は漠然と似ているかと思っていましたが、場所ごとにとに明らかに違っていてびっくり!
高山茶の共通するすーっとした透明感を堪能しました。

粒ぞろいのお茶だったので、比較テイスティングの後は、きちんと蓋碗でお茶を淹れなおして、じっくり味わいました。

これで2000円。。。幹事さん、本当に大丈夫なのでしょうか。
「みんなで持ち寄ってお茶を飲むと、割安に良いお茶が飲める」が、この勉強会の最大のメリットとは聞いていましたが、一人で飲むよりみんなで飲んだ方が、お得だし、楽しいし、勉強になると実感しました。

比較テイスティング以外で、品評会常連の茶農家さんのところへ行って購入してきたという「東方美人」や「松湖高冷茶」も試飲することができ、美味しいのに、もうお腹カプカプ・・・贅沢なお茶会でした。台湾のお茶菓子もあり美味しかったです。

台湾の高山茶をこれだけ一度に比較したのは初めてで、充実して楽しい午後のひと時となりました。
私はひとりではできないので、次回も絶対に参加します!

今回の幹事のMさんのお二人、ありがとうございました。

このエントリーの情報

トラックバックURL http://teamaster.org/modules/weblogD3/weblog-tb.php/373

このエントリが受けたトラックバック

カシオ腕時計2013-06-09/11:10:32
協会ブログ - 中国茶インストラクター協会(JCIA)...more
カシオ腕時計

このエントリーの記録

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。


ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

投票ブロック