協会からのお知らせ

テイスティング(鑑定審査) について

茶葉の良し悪し、品質の問題を正しく判断できる能力を、一年間の練習に通じて、しっかり育てる目的で行われます。
一ヶ月間でテーマを復習して、来月にもう一度同じ茶葉で自分の理解度を確認する仕組みです。また、鑑定杯セットの使い方や官能審査の技術、各茶類の審査用語も習得できます。
最大の目的は、お茶の品質問題を極めて、その上、入れ方を調節して、さらに上手に美味しくいれられるようになることです。

実は、美しい茶芸とは表裏の関係にあります。また、審査用語が使えるようになると、お客様に味や香りをより客観的に表現できるようになります。

正しい鑑定方法と訓練時間を利用して、しっかりテスティングの基礎を磨いていきます。もちろん国家資格「評茶師」の資格を取得したい方にとっても欠かせないものと思います。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Facebookページ

PAGE TOP