協会からのお知らせ

受講・受験は誰でもできるのでしょうか?

①初級資格 <初級茶藝師・初級評茶員>
初級講座に関しましては、中国政府労働和社会保障部の指針に則り、中国政府農業部と中国茶葉学会の認定講師並びに中国政府公認試験官の下に開催されており、基本的に一般の方々も参加可能です。
ただし、資格を取得した後に、より上級の資格へ昇級したい場合には、原則に最低でも一年の期間が必要です。
例えば、2007年1月の初級茶藝師に合格すれば、2008年2月の中級茶藝師を受講することが可能です。

②中級資格 <中級茶藝師・中級評茶員>
中国政府機関に問合せた結果、同じクラスで受講して、個人のレベルによって証書を分けることは、通常行なわないとの事です。通常中級講座では、やはり初級レベルとは、プログラムの異なる授業を受けなくてはならないのです。
そこで、初級の資格を取得されていない方が、直接に中級講座を受講する前には、事前に「書面資格審査」と「能力検定試験」を行なっています。

<中級茶藝師の受講資格>
①「初級中国茶藝師」の国家資格をお持ちの方
②所定講座*1をご受講し、検定試験を合格した方
③「中国茶インストラクターコース」*2で勉強され、さらに中国茶藝を極めたい方
*1「初級茶藝師準備講座」及び「初級茶藝師能力検定試験」に合格された方
*2 華泰茶荘主催の「中国茶インストラクターコース」を卒業された方

<中級評茶員の受講資格>
①「初級中国評茶員」の国家資格をお持ちの方
②所定講座*3をご受講し、検定試験を合格した方
③「中国茶インストラクターコース」*4で勉強され、さらに中国茶の鑑定を極めたい方
*3「初級評茶員準備講座」及び「初級評茶員能力検定試験」に合格された方
*4華泰茶荘主催の「中国茶インストラクターコース」を卒業された方

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Facebookページ

PAGE TOP