協会からのお知らせ

なぜ初級資格を取得することなく、「中級茶藝師」「中国評茶師」の中級レベル国家資格の取得が可能になったのでしょうか?

現在、中国国家資格の「茶藝師」「評茶師」の名前は、日本でも知名度があがり、認定機関が異なっても初級資格の取得者はかなりの人数に達してしいます。今後は、中級以上の資格を取得していないと仕事などに生かすことが難しい時代になると思われます。
初級・中級というステップを踏んで取得する事も大切ですが、費用や時間、年一回の昇級制限など様々な面を考えると、実際受講者にとって、かなりの負担であると思われます。
そこで、これまで華泰茶荘が開催してきた中国茶講習会の成果、中国茶インストラクター協会の活動、さらに卒業した先輩達の活動などを踏まえて、2007年から初級講座に関しては、事前に「書面資格審査」と「能力検定試験」を受けて合格すれば、中級講座に進めるという試みをすることにいたしました。
初級講座の内容に関しては、所定時間でしっかり学んでいただけるように、国内で茶藝師準備講座を随時開催し、詳しい日本語専用教材も発行いたしました。もちろん、中国茶初心者でも一からしっかり勉強でき、合格できる実力が身につくようを育成していくつもりです。こちらに関しては、「茶藝師準備講座」の案内をご覧ください。
このシステムの導入により、特に費用面ではかなりの金額を軽減し、中級の資格を取得することが可能であり、なおかつ知識面、技術面においてもしっかり習得できる環境を作る事が出来るようになりました。
詳しくはお電話(03-5728-2551)にてお問合せください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Facebookページ

PAGE TOP