協会からのお知らせ

2005年「高級中国茶芸師養成講座と検定試験」

5月16日から21日、中国・杭州にて、中国政府認定、日本人の高級中国茶藝師ツアーが、華泰茶荘と中国茶葉学会の共同主催で開催され、無事終了しました。
ほぼ毎日、朝8:00から夜10:00まで、各分野の第一人者による、上級レベルの授業が続きました。
高級茶藝師という、ハードルの高い資格取得試験合格を目指す授業ですから、授業内容はかなり難しいものだったというのは言うまでもありません。
授業内容は、過去に開催した授業をふまえ、よりよい内容にするため、半年間中国側と交渉、検討を繰り返し、練り上げられたものでした。

指導には、中国茶葉学界の第一人者、院士・陳先生をはじめ、中国茶藝の第一人者童先生、品種と栽培のプロの兪先生、指揮者で名高い音楽家の楊先生など、最強の講師陣があたって下さいました。
試験合格のためだけではなく、まさに、本物のプロに向けた、非常に価値のある授業内容でした。

授業には雲南白族の「三道茶」を始めとするいくつかの少数民族の喫茶風習や茶藝、高級茶藝師ならではのテーブルセッティングなど、日本ではまだ勉強する機会のない、大変貴重な授業も含まれていました。
普段触れることのできない内容を勉強できただけでなく、中国本土の茶藝師との交流の機会もあり、とても有意義なものでした。
さらに、授業の合間や授業後には、色々な分野の専門家たちと、中国茶葉の将来の発展について意見交換。中国茶という共通な接点で話し合うのは、何にもまして幸せなことです。本当に中国茶を愛しているプロはやはり、心も穏やかで素朴な人ばかりだと、素直に感じることができました。

今回は勉強目的のツアーで、観光の時間はありませんでしたが、茶葉博物館の見学や茶藝館に訪れる時間が用意されていました。
その「太極茶館」はなんとイケ面揃い!こんな達人(上写真)にも出会いました。杭州にお出かけの際はみなさんもぜひ(笑)体力的には本当にきつい一週間でしたが、それ以上に精神的に充実した日々…。

関連記事

  1. 2006年春「台湾茶作りツアー」体験記
  2. 2007秋作り旅行記
  3. 日本人初!中国茶藝技師誕生
  4. 「中級中国評茶員講座」が中国の杭州に開催
  5. シンガポール無我茶会に参加
  6. 職人の技・龍井茶作りに挑戦!
  7. 台湾台北茶文化博覧会

Facebookページ

PAGE TOP